『アリスと蔵六』自分の子供に、親がGPS機能の付いたアイテムを持たせる理由が、よく分かる回です(^^;

2017-05-17 10.41.49
 5月17日(水)

 くもり。

 先方のミスに次ぐミス、業者の方の内部処理が間に合わず、9月までに、月々小間切れになるはずだった120万円ほどが、月末に一括で落ちる事になった。
 元々の支払い分と合わせると、130万超。

 業者の方には、“のべで130万ちょっとと35万円くらい?こんだけ違えば不渡りが出るぞ!?”だの、“おまえらには、100万円の違いが紙くずにでも見えるのか!?”だの、散々ボロクソ言ったものの、結局、口座から預金を引き抜いて自動引き落としが起きないようにしたら対応し直せる・・・なんて話に乗って、(同じ日に)あちこち支払いのある業者にまで迷惑を及ぼすわけにはいかず、他から補充してきて、一気に自動引き落としをさせる事に・・・100万円ほど、どっかから引っ張ってくるのです

「暇ですね」

「・・・フィラリア予防も、もう終わりだな」

「・・・」

「そろそろ、おまえにも暇を出して、いよいよ廃業の準備を進めるかな?」

「い~ですよ。暇なんか出されても、働きに来ますから」

「“暇”というのは、“クビ”の事だ。“リストラ”だ」

「そんな事したら、金庫の中から給料持って帰ります!」

「・・・」

 駄目だ・・・コイツには、事の重大さが、全く理解出来ておらん(ーー;

2017-05-16 19.07.50

 手術の件数については、それでも随分減ったと思うけれど・・・フィラリア予防や狂注に訪れるイヌの数が、まだちょっと多い。
 あと1年くらいしかやらないだけならば、現時点で助手に暇をやっても問題無さそうだけれども、諸々の整理の為の期間を考えると3~7年くらい、まだ仕事を続けない訳にはいかん。

 助手に暇をやると、明らかに期間は短縮できるものの・・・現状の診療を年単位で一人で全部こなすのは、ちとツライ気もする。
 正直、良いタイミングな気がするけれど・・・悩ましいです。

 トリの診療しかしていないとかならともかく、犬猫の診療が主で、一人で診療3年間・・・。
 うーん。
 うーん。
 うーん・・・。

2017-05-16 19.04.20

 しかして、その実態は、今日も入院はトリだけなのです。
 助手は要らん。

 留置したフィーディングチューブを使用しての強制給餌、1日2回行うべきか1回で済ますべきか・・・。
 消化管の中が、腸詰めの如く注入され過ぎた状態になるのもまずければ、カロリー不足も駄目。
 使用出来るのが特定のフードに限られるので、予定される期間の間、患鳥を死なさないように行う管理が重要です。
 昔から使ってはいるけれど、このフードはボリュームの割にカロリーが大した事ない。

 入れる事の出来るエネルギー量に限界がある以上、運動制限を行って帳尻を合わす・・・とか、そんな感じです。

2017-05-17 12.33.07

 糖質の摂りすぎが気になるので(業者の奴が、“おわびに”チョコレートクッキー一箱とか置いて行くので!)、最近は果汁100%であっても、甘いモノを飲まなくなりました。
 ナミナミとなんか注いじゃ駄目。
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR