『サクラダリセット』こういう不思議な青春を送ってみたいと思っていた・・・10代の頃。

2017-05-13 09.02.54
 5月13日(土)

 雨。

「・・・・」

 診察の最中、突然動きを止め、黙り込む院長。
 静まりかえる診察室・・・。

「はあはあ・・・。しつれいしました」

 うっかりすると、呼吸も出来ん。
 あまりの痛みに、倒れる事すら、許されません。

 昨日に引き続き、猛禽、猛禽、猛禽・・・。
 近頃、“猛禽”と言ったら、フクロウ類の事だという病院も多いはずですが、当院は、昔も今も“鷹”の方こそが主で、フクロウ類もブームで増えたな・・・って感じです。
 豪雨の中、ご苦労様でした!






 福島県が公開している、森林文化記録映像「森のくらし」の一部です。

 “あれはアイガモだろう”とか、“この鷹の出自は、いったいどういう事になっとるんだ!?”とか、突っ込み所はあります・・・が、最近は、こういう訓練が昔の通り行っていける鷹の入手が、なんだかすっかり難しくなった気がして・・・流通の事情とか、育成の背景とか、色々な変化があった様だと感じています。
 時代ですね。

 大昔からやっていたのと同じ中身を、ちょうど器から器に移し替えるように“移し替える”、それが継承。そういう容れ物になった人々こそを、“鷹匠”と呼ぶんだろーなーという事を、昔から言っているクチではありますが、現代日本において、どれくらいの数、そういう人達が今も鷹をやっているのか、僕は知りません。
 僕なんかは、“鷹匠”ではありません。

2017-05-13 10.55.03

「寝ていてください!!」

「少しくらい動いていないと、体中の筋肉が硬直してしまうわ。それに・・・」

「・・・?」

「布団から起き上がる時が、一番痛い」

「だったら、ずっと、そこで立っていたら良いじゃないですか!」

「じきに、筋力の限界が訪れる」

「・・・」

 昨日よりもマシになったものの、硬直の影響かチカラが入らない。
 まだまだです。

2017-05-13 12.50.33
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR