『幼女戦記』やはり・・・アニメはアニメで視聴に耐えるし、小説は小説で、別の面白さが際立つ。良作。でも、やはり小説(Web版)を薦めますね!

2017-01-30 17.01.17
 1月30日(月)

 雨のち晴れ。

 助手休み。
 来月もどビンボーなはずの月ではありますが・・・事実上、今季は鷹狩りも終猟してしまったので・・・馬車馬の如く働き、稼がねばなりません。

 あ・・・糞便検査と注射と爪切りの料金の請求を、全部忘れた。
 そして・・・1万円合わない(T_T)

 今日から、金の亡者に生まれ変わります。
 そうだ、やはり助手のクビをたたっ切って経費を浮かせよう・・・。

 ん?
 まさか・・・また貴様ではないだろうなあ!?

2017-01-30 09.13.17

 さあ、走れ~、わんわん。
 弛緩した空気。
 平和な日常。

 実際には、まだ1ヵ月くらいは仕事が現れそうもありません。

2017-01-30 08.50.51

 すもも@阿呆の子。
 猫をかぶっている印象はあったものの・・・この、あほうどりめ!

 昨日、鷹を見に来てくれたので、少し話し、目の前で飛ばし・・・そう、神経質さを露呈するもソレを克服しヒトの使役に耐えうる良鷹であるかのように・・・飛んでいた。

 はて、そんなに問題が解消されていただろうか?
 いえいえ、今日はいつも以上にヒドイ。
 餌鳴き、そして、たぎり跳ねまくる・・・久しぶりに、その辺の電柱にでも叩き付けて帰ろうかと思ったほど。
 こんなだから、誰かに押しつけられそうになってるのだ!

2017-01-30 16.54.16

 昨日の見学の際に嫌がったのに加えて、今朝のたぎりと跳ねで、完全にかさぶたが取れ、表皮にも穴・・・治りかけていた傷が開いたのです(↑)。
 正直、この鷹のフットケアや治療も飽きました。

 調教の難易度は、オオタカの雌と同程度。
 手間をかけさせるという意味では、何も変わらない。

 コンバットプローブン(実戦証明済)のペアレントレアード鳥。
 つまり、逃げたりすると、キッチリ生存・野生化し自然界で繁殖可能な個体。
 こういうトリは、自然界にインパクトを与えまくるので、猛禽類が特定外来生物にでも指定されたらエライ事になるという理由から、絶対にそういう事があってはならない。

 もしも、逃げたり逃げそうな兆候が明らかになった場合、何が何でも再捕獲してその日のうちに殺処分を(!)・・・という事は、以前にも手放そうとした時に、先方に約束させた。

 結局その時、すももを手放さなかったのは・・・ヒトの方の鷹の取り扱いがとても下手で、みすみす、問題が起きるのが分かっているのに渡す訳にはいかなかったらだ。
 鷹への近付き方から始まって、共に過ごすときのヒト側の挙動、道具の取り扱い、鷹の受け取り方、拳への呼び方、獲物をつかんだときの所作・・・鷹匠補(鷹匠の手伝いをする人達)にはもう少し足りないけれど・・・くらいは出来ている必要がある。

 伝統的な放鷹術を伝えている人々の間で、“ハリスホークは、よくない”と言われる事がある理由にもなっているけれど、一般に、ハリスホークだけやった人達はかなりダメダメで、この辺りが全く出来ていない。
 鷹の方でヒトのやる悪さを許容してしまう事が多く、問題が表面化しないので、“それでいいんだ”と、ヒトの方で思ってしまっている。
 分かっているつもりで、ハリスホークだけやっていた人達は、結構無茶な事を平気でやるから・・・こちらもヒヤリとする。
 
 鷹の方はもうどうにも成らんし、ヒトの方が矯正に付き合ってもらうしか・・・ないべな。
 今度こそ、おまえとはオサラバだ!

2017-01-30 07.24.11

 朝の計量時の体重が100gを超えたあたりから、あまり餌を採らないで、咬みついてみたり、毛引きに走ったり・・・“余暇”に生きようとする様だ。
 なるほど、真剣さが足りない。昨日までの覇気は、どこに行った?

2017-01-30 15.53.15
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR