用語解説 MynahあるいはMyna

 主に、キュウカンチョウを指している場合が多い用語です。
 
 最近ではキュウカンチョウは手に入りにくいので、キュウカンチョウの仲間の物まね鳥を入手する場合もあり得るでしょうが、こうしたトリ達が、キュウカンチョウを含めて“Mynah”あるいは“Myna”と呼ばれます。Mは小文字でも構いません。
 図鑑で初めて見る様な鳥種ばかりですが、ムクドリの仲間、特にシロムク属、ハッカチョウ属などがMynaと呼ばれ、英名のCommon Myna (インドハッカ)は本来だとインド亜大陸(南アジア)のトリなので、Mynaはインドのトリであるかの様な説明も目にしますが、ペットとして飼育されている“Myna”は、むしろインドシナ半島~中国南部に産するトリ達になる様です。

 日本語では、“マイナー”ないし“マイナ”と表記されます。時折見かける“マイナーフード”は、少数派という意味のマイナーではなく、“九官鳥の餌”という意味でのマイナー(Mynah)になります。
 逆に、日本人の感覚からすると“九官鳥の病気”とすればいい所が、英語では“マイナの病気”と書かれるので、一体どんなトリの事が書かれているのかと身構えてしまう理由になりますが、殆どの場合、そのトリは私達にも馴染みのあったキュウカンチョウ(英名Common hill myna(h))の事です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR