『ヤング ブラック・ジャック』1968年でヤク中で血が駄目な町医者に、この医療施設はあり得ないと思うのですが・・・(^^;

2015-10-06 12.53.35
 10月6日(火)

 晴れ。

 イヌspay1。

「昨日、○○ちゃん、とうとう死んだンですね・・・」

「・・・」

「あ、○○ちゃんも交通事故ですか・・・即死ですか?」

「・・・」

「・・・」 

「・・・」

 ぁぁ、不景気だ。不景気だ。
2015-10-06 12.34.47

 今さらだけど、気嚢ダニっていうのは俗称で、気嚢に住んでるダニとか、気嚢で見つかるダニっていう意味で、似た様なのが鼻から見つかれば、“nasal mite(鼻腔のダニ)”と呼ばれる。
 イヌで見つかるイヌハイダニも“nasal mite”ですが、その和名の意味するところはダニになります。
 つまり・・・英語のダニの俗称は、訳がワカランのです。

2015-10-06 11.49.08

 今回のノーベル賞、いざとなると人名なんか言われてもちっとも分からなかったですが、“イベルメクチンがノーベル賞を取った!”って話だったんですね。正確にはその前身のエバメクチンですが。つまり、本邦ではフィラリア予防薬として用いられている薬で、虫と名の付く大概の生物の駆除に使える魔法の薬です。人命だけでなく、獣医畜産業界でどれ程の貢献があったか、計り知れない薬の事です。
 納得でした。

comment

管理者にだけ表示を許可する

私も「イベルメクチン」と書いてあったのを見て「!!(@@)」と思いました。なんと身近にお世話になっている事か。 世にこれだけ流布しているものを発見したなら(その前身だとしても)、確かにノーベル賞ものですよね~ 次は水虫薬か?(^^;; 同じカビどうして、天敵を見つければ・・・
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR