『クラスルーム☆クライシス』 やっぱ・・・敗者復活戦っていうのは、“見てる分には”面白いですね。

2015-07-27 14.18.16
 7月27日(月)

 晴れ。

 数日前に虫に刺されたので飲んだ抗ヒ剤の影響か、それとも冷房の所為か、数日続いた異様な眠気がようやく落ち着き・・・。

「帰れえ・・・!」

「帰ります~」

 朝から、暑いの寒いの文句を言っている助手を追い出し、一人お留守番。
 いえ、この酷暑では、誰一人病院になんか寄りつきません。仕事はみんな夕方6時からです。

 海外便発注。手術器具の補充。
 250ドル以上購入から送料サービスで、そうじゃないと送料が40ドル・・・あ~、円安で3万円以上買えというのか。
 欲しかったのは持針器一つだけなんだけど、国内でコレを買うと2.4万円、向こうだと125ドル・・・3万円分何か買います。なんだか、損してる気がするから(ーー;
 来月のカード支払い、諸々込みで、また20万円超えるんでないべか(ーー;

2015-07-27 10.17.43


 94g。
 4回→3回へ。フィーディングチューブは1日1回。残りはスプーンで。
 これでも荒れ鳥になって食いついてきたりとかの話があるらしいですが、奇妙なほど“ひかえめ”なトリです。インコ観が変わりそうなくらい。
 結局、インコを飼う時の問題行動・・・絶叫、飼い主への攻撃、破壊・・・最後の破壊は習性なので、どうにもナランですが、雄叫びを上げ、意識して向こうから敵対行動をとる為に飼い主に食いついてくるトリに・・・ならんかったら、みんなラブリーでいい子なんです(^^;
 性成熟を迎えた頃から、“変わる”ヤツがいるからな・・・(ーー;

 文献翻訳は、ただ根気と忍耐の章。栄養学はかったるい。

 スズメ目と断っているけれど、実体はフィンチ・カナリアにキュウカンチョウを足して解説をしている。
 キュウカンチョウは独特な疾病があって有名なトリですが、今では輸入自体が珍しく、値段は、へたな猛禽類よりも高い。多分、僕自身残りの人生の内で何度出会う機会があるか分からないくらい、事実上の絶滅種です。これの仲間で・・・ハッカチョウ(?)というのが輸入されていたらしいですが、今では特定外来生物になるのならないのやっている鳥種なので、あまり業者も入れないはず・・・結局、文鳥や十姉妹の診療を勉強し直しているだけです。コキンチョウとか出て来るんですが・・・“文鳥”として扱っているだけで、独特な情報が加わったりはしていません。
 カナリアも・・・僕、最後に診察したの、もしかしたら15年前くらいだったかもしれません。売っているのは知っているのですが(それも、その辺のインコ達よりも高い)、どうにも見かけない鳥種になりました。昔は、一世を風靡した鳥種らしいのですが、おそらく飼い続けている人達と言えば、今でも金魚の品評会とかやってる人達と同じレベルの・・・マイノリティです。

2015-07-27 12.42.592015-07-27 19.47.16


 ああ、とうとうクオカードも使い切ってしまった・・・。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR