『プラスティック・メモリーズ』 面白くない事もないのだが・・・テンプレートだったよねえ?

2015-07-03 16.48.26
 7月3日(金)

 雨。

「よろしく頼む」

「うわ!?なんですか、この量は!」

 先日の水曜日にも一度出しているが、たった4日で、さらに増殖。元書斎を埋めていた本達・・・。それでも、45リットルx15袋くらいだろうか。

「ほうら、八兵衛(はちべえ)・・・」

「本のページで、紙飛行機作って飛ばすな!」

資料
 
「はい。100までゆっくり数えてくださぁい。ひとぉつぅ・・・」

 流れゆくページを確認する作業は、正にそれ。ヒトの、麻酔の導入シーンを思い出します。
 目はかすみ、背中は痛いし、手も震え・・・日算2,000ページの自炊作業。捨てなかっただけで眠くなった本というのは、レイアウトを眺めているだけでも眠くなるな・・・(ーー;

 水産関係や水族館関係の本は、読めば面白いモノが多いのですが、日常診療の役に立ったりはしません。ペンギンのエピソードが出てる本とか、あってもねえ・・・。
 うーん、やっぱ捨ててしまうべきだっただろうか(^^;

2015-07-03 16.30.23

comment

管理者にだけ表示を許可する

『プラスティック・メモリーズ』 は途中から面白くなくなって、最後はあんなつまらない終わり方であり?と思ってしまった。もっと「どんでん返し」を期待しているのに。絵柄はきれいで大好きでした。アイラは可愛かったけどv-119

はっちゃん

なかなか男前に写ってますな
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR