用語解説 Norwich canary

 本邦では、“ノーウィッチカナリア”と呼ばれるカナリアの品種です。
 “Norwich”とは地名であり、今どきの日本語表記では“ノリッチ”や“ノリッジ”、“ノーリッジ”と記載されるのが普通なので、“ノーウィッチカナリア”は、英語ではなくドイツ語が“外国語”であった時代の名残になるのではないかと考えられます。

 この品種には、遺伝的に白内障が発生する事や、羽毛嚢胞という羽毛の異常が多発した事が報告されています。
 鳥類の遺伝病に関する記載でよく登場するこの品種ですが、既に廃れたモノと思っていたら、今でも売られている品種だった様です(独特な風貌をした、大型で“可愛い”顔のカナリアです)。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR