『ジョジョの奇妙な冒険』 前から思っていたが、このハヤブサは色々おかしいな・・・(^^;

2015-04-23 13.15.53
 4月23日(木)

 晴れ。

 外鞘縫合1(ネコ)。
 イヌ毛刈り1。

 “新緑の候皆様いかがお過ごしでしょうか・・・”と始めるのは、初夏の時候の挨拶。本来今時期は、“春暖の候・・・”と始まるらしいですが、とっても新緑。若葉生い茂ってないけど芽吹きまくってます。

 ハゲ犬の皮膚炎は落ち付いてきたので、休薬。
 フィラリア予防組の来院は、安定した数が毎日来てくれているので、入金状況は良好。天候も良くなってきたので、そろそろ混雑した日もあるでしょう。

 でも、文献翻訳は毎日コツコツと順調に続けられてます(^^;


2015-04-23 13.32.022015-04-23 13.29.37

 ちびちび、屋外放飼開始。
 院内各所、衛生昆虫用のベイト剤交換。
 暖かい季節を迎える為の、儀式の様なモノです。
2015-04-23 07.18.19

 PBFD。
 Wikipediaなんか見てると、詳しく書かれた英文の邦訳が読めて、この病気に関する問題を、改めて浮き彫りにしてくれる。
 もちろん、英語を日本語にする作業自体が結構な根気を必要とするので、そのエネルギーを考えたら、“あそこが悪い、ここが間違っている”などと言うのは失礼なのかもしれないけれど、僕の眼前にはそうした“力作”が何十という数、積まれている。

 本当ならば・・・文献というのは、読み進める内に必ず疑問点が出て来るから、その“答え”が提示されないと分からなくなる。その為に、他の文献でその箇所がどういう風に書かれているか比較対照していくと、より理解が深まる。
 ソレを困難にしている問題が、2つあります。誤訳と原文の間違い(混乱)です。
 辞書にはそう書いてあるけれど、普通はそういう日本語は無い、それをナントカして日本語に起こした結果・・・同じ様な事が書いてあるA論文とB論文が別の文献みたいに成って、情報の整理が出来なくなっている。
 そしてそもそも、英国米国オーストラリアと、おおよそ3つの英語圏でのこの病気に関連する記載が、例の“フレンチモルト”の所為で比較対象が困難になっている・・・。
 
 あの邦文解説、どの辺がどの程度問題なのか・・・いや、読んだ時点で脳みそが引きつけを起こす人達の方こそ、圧倒的多数だよねえ(ーー;

2015-04-23 12.32.13

 8,270円。もちろん、こんなに食えるはずがない。
 釣り銭が合わず、ちょっとどころじゃない額にココロが折れて力尽き、外食(ーー;
 痩せる代わりに太りそう・・・。

comment

管理者にだけ表示を許可する

たまには

先生、たまにはね。はっちゃん元気かな?
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR