用語解説 bursa

 “滑液包”、つまり関節内の説明をしている用語としての邦訳が通常らしいのですが、こと鳥類においては、この英単語の意味するところは“bursa of Fabricius”、つまり、ファブリキウス嚢の事を言っています。
 鳥類独自のこの器官は、B細胞の成熟に必要であり、生物史上その発見部位(“B”)でもあります。哺乳類では、この仕事は骨髄で行われています。免疫系の文献(邦訳)を読んでいると、ウイルス等が免疫細胞のある所で増殖するのは珍しい事ではないのですが、“滑液包”の中で増殖するのは珍しい事なので(そういうウイルス種も存在する)、何の生物種のどういう分野の文献であったのか、確認作業(他の文献等との比較)が必要になります。
 ファブリシウス、ファブリキュウスなどという表記もありますが、最近の解剖学書では“ファブリキウス”と表記されている事が多い様です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR