『冴えない彼女の育て方』 面白いけど・・・テンプレだねえ。

2015-03-15 10.35.37
 3月15日(日)

 晴れ。

 包帯交換(キチパック処置)1(イヌ)。

「もう赦してあげたんですか~?」

「赦すもなにも。覚えちゃいないだろ?」

「そんなことありませんよ?」

「おまえ・・・3週間前に食ったモノ言えるのか?」

「はい」

「じゃあ2週間だ、2月28日に食ったモノを言ってみろ」

「えっと・・・この日、あたし出かけましたっけ?」

「休日のおまえの過ごし方を、オレが知るものか!」

2015-03-15 15.14.05

 割としっかり、そういう生き物を飼っている飼い主の方から問い合わせがあり、内容も、チャンとその辺勉強している獣医師からしてみれば大したモノではない・・・“(お早めに)いつでもどうぞ”と言って、電話を切る。しばらくして、再度電話があり、料金を聞いてきた。

 聞いている内に、「そうですね~」などと思わず相槌を打ってしまったけれど、時の経つのは残酷なモノです。そういえば、昔その爬虫類がよく売られる様になった頃、それでも数万円くらいはしたし、20万円を超えている個体も店頭に並んでいたのを覚えている・・・が、今では幼体が5千円くらい。高いといえば高いけど、病院にかかるお金の方が余程するし、その金で“次の”を買った方がリーズナブル。
 余程、その個体に“思い入れ”が無いなら、激しくヒトにアピールを繰り返し依存を示す様な種っ・・・って事はないモンね。“飼育容器”の中身を、入れ替えるだけです。金魚鉢と一緒。そう、生き物によっては“観賞”、そういう楽しみ方もある。
 でも、動物病院の存在意義は、もう無い・・・時代です。

「乞食みたいな先生に、あたしがお菓子を分けてあげましょう(^^;」

「要らん!貴様こそ、オレの金で菓子をむさぼり食ってたであろう!」

 ち~ッとばかし、ちびちびの葉っぱ何枚かむしって、味噌汁の具に回してただけだ!

comment

管理者にだけ表示を許可する

先生

痩せ過ぎないで下さいね。
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR