強制給餌の効果




 大量のエネルギー供給は、ほぼ経口でのみ達成されます。フィーディングチューブの使用は、大量の経口による薬物投与も可能にします。
 糞量が確保され、患者は元気を取り戻しています。増体も起きました。

 この処置を長期間ストレスなく実施する為に、外科的に嗉嚢(そのう)内にチューブを留置する事があります。
2015-03-04 20.15.10

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR