『ユリ熊嵐』 折り返し過ぎて、ようやく雰囲気が理解出来てきたな・・・。

2015-02-27 12.06.39
 2月27日(金)

 晴れ。
 強風。春一番でしょうか?

 ネコspay1。

「このイヌ、死んでますよ。さっきのイヌと同じ、急死ですね」

「フザケルナ!2年10ヵ月の闘病生活の末に倒れた、“大往生”だ!なにが急死なものか!」

「このイヌですよ?ピクリとも動きません」

「・・・」

2015-02-27 13.07.112015-02-27 13.17.32

 観光渥美は今が見頃。キレイなモノ見て、美味いモン食いましょう。貝が美味しいですよ?

「去年の生まれですよ(ぼそっ)」

 この助手が、今くらいの年の時に終戦迎えたであろう老婆は、会話が成立せず、ネコの年齢不明。“2~3歳くらい”と言ってるアタリが怪しい事は、助手の耳打ちで理解出来た。

「“チャボ”が、こんなネコを去年連れてフラフラしてました」

「おまえのネコか!」

「わたしのじゃありません。近付くと逃げて行きます!」

「・・・」

 なんでも、先日別件で連れて来たネコ(口の中に、魚の骨が刺さって、餌を食べる事が出来なかった)にイベント起こした、“魚をバラ播いている家”は、その老婆だそうで・・・もちつもたれず、(お互い知らずに)ソレナリやってる事にしたいらしい。この放任飼い主は!
 地域猫の皆様、御案内の日々です。

 キチパック注文。交通事故わんこ、ボチボチ、次のステップへ。

 アホ助手の肋間神経痛、実は、咳のしすぎで肋骨にヒビが入っていた事が判明し、笑い話。チャンと病院で咳止めもらってこないからじゃ。
 

comment

管理者にだけ表示を許可する

助手さんと

漫才みたいですよね(笑)ポンポンポンポンやりとりが可笑しくて可笑しくて。
そこにのんびりゆったりはっちゃんがいるかと思うと、微笑ましいです。
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR