初夏の鳥達


わたらい先生の憂鬱-鎮静中
 抱卵斑のある、メスのアオバズクが保護されました。


 今日は、ムクドリかヒヨドリの雛(似ているので、電話口では確認できなかった)を保護した電話があったり、先日はコアジサシですし、いつの間にか、夏鳥達のシーズンのようです。


わたらい先生の憂鬱-レントゲン(VD)
 目立った外傷もなく、いちおう意識がハッキリしているようなので、飛行の問題さえクリアできれば、下手に長居をさせないで、即刻放鳥です。

 営巣してる個体を2度ほど見た事がありますが、手に取ってみるのはコレが初めてです。

 185g。

 見かけよりも、はるかに軽いトリでした。

 ホルモンの影響で、骨がかなり白くなっています(→)。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR