「アカウミガメ捕まえた」・・・いえいえ「アカミミガメ」(海洋でも、一時的に生活するんだって)


わたらい先生の憂鬱-タイトル
 豊橋市自然博物館で、講演があったので聞きに行ってきました。

 1時間程度なんですけど、2~3時間程度にボリュームを膨らませた方が面白かったかな~とか、小学生なんかも思いっきり混じってましたから、せめて高校生以上向けにやってくれた方が、やっぱりええんかな~とか、そんな感じです。


 それでも、おもしろそうな話が聞けました。

 知ってるようで知らない話。


クサガメやスッポン、国内にも在来種が居ますが、外国産の個体は総じて小さい。

カメの多い地域は西日本、愛知県の三河地区は、その東端。静岡より東は、居るけど、グッと数が減る。

渥美半島のイシガメに寄生してるマダニ。カメキララマダニ。東南アジアのハコガメやリクガメに寄生してるのと同一種。小学生の頃から見たような気がするけど・・・椰子の実のように流れてきた可能性のあるダニ。


 ちなみに、甲が細いのが外国産のスッポン、ラインが太いのが外国産のクサガメ・・・だそうです。

 もともと、三河側はニホンイシガメが多く、尾張側はクサガメの多い地域なのだそうです。

 専門家に言われると、「そういえばそうね」と、納得する話。

comment

管理者にだけ表示を許可する

3. 回答をありがとうございます。

わたらい先生!
回答をありがとうございます。
違う説を聞いちゃうと、自分が今まで思っていた?知っていた?知識が間違っていたのかと・・・
自信がなくなってしまいます。
先生のお答えで、間違っていなかったと!
ホッとしました。
耳たぶのある亀。。。
想像しただけで笑えますо(ж>▽<)y ☆
ありがとうございました m(_ _)m

2. Re:質問!

>あにまるスタッフさん
ウミガメは鼓膜の上がウロコに覆われているので分からないですが、他のカメと同様の位置にあるはずです。
当然、耳たぶのあるカメは居ません。

1. 質問!

初歩的なことですが・・・
亀類の耳の位置って、皆同じと考えてよろしいのでしょうか?
海亀は、甲羅に耳があるなんてことはないですよね?(^▽^;)
ちょっとそんな説を聞いて、真実はどうか知りたくなったのですが、
検索で見つけることが出来ませんでした。(-。-;)
先生ならご存知ですよね!
本当のところは。。。どうなんでしょうか?
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR