以下の問に答えよ

はげ

 プロブレムリストには、生後まもなくからの起立不能、5歳齢、趾瘤症とある。患鳥の評価を行い、治療指針について説明せよ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

そうですね。起立不能のあった鳥が、長期間生存すると、どういう事になってくるのだろうという考察が入ってくると、ソレらしい解答になってくると思います。
60点合格からで、70点というところでしょう。
栄養状態の改善方法、趾瘤症への論考なんかあると、80点になったかも知れませんね(^^;

患鳥(スズメ?) 羽毛の粗剛と頭部の一部脱毛を認める。生後すぐの起立不能はビタミンB 不足? (趾瘤症は踵の部分?) まず栄養状態の改善(ビタミン、蛋白質、ヨードを重点的に)、それでも生えなければ真菌感染も考慮。

Re: タイトルなし

いやいや(^^;

クル病?カルシウム不足、日光浴や飼育環境を見直す
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR