矢沢のCMを見て、モルツが飲みたくなった

定位置(変な顔)
 9月11日(水)

 くもりのち晴れ。

 “来るな!(居るな!)”と言ってあっただけあって、昼には、診察室から追い出された八兵衛(はちべえ)の如く、大人しく、すごすご立ち去る助手。
 みんな、ビンボーが悪いんだ。ゆるせ、今月も(ーー;

 今日も・・・うめき声さえ上げられずに、布団の中から出て来れない様な天気じゃ、ない。
 気味が悪いほど、自分の体調が安定している(過ごしやすい天候で安定している=患者発生しない)。
 どうしたもんかねえ。

 水槽換水。お仕事、それだけ。
2013-09-11 12.14.30

 見慣れてるつもりで、キレイさっぱり忘れているのが、放射線の単位。
 いくつか使用されておりますが、世間でよく騒いでいるのが、シーベルト(Sv)。
 m(ミリ)と付けば、1/1000。
 μ(マイクロ)と付けば、mの更に1/1000。
 これらは、放射線の人体への影響の程度を示す数値で、地震に於ける震度の様なモノ。人体が、実際に、どれくらい浴びたかを知る事が出来る。
 これとは別に、物質の方が放射能を出す能力を指す単位(ベクレル:Bq)なんてのもあるので、分かりにくい。

 動物病院なんかで使うレントゲンの機械だと、もっとよわっちろいハズなんですけど・・・。

”胃のX線撮影1回分の線量が0.5~4mSv。X線CTスキャンによる撮像1回分の線量は7~20mSv(=0.007Sv~0.02Sv)である。
 ちなみにX線CTスキャンにおける最大レベルの放射線を全身に浴びると5%の人が死亡し、4Sv (=4,000mSv) で50%、7Sv (=7,000mSv) で99%の人が死亡すると言われている。一方で、0.2Sv (=200mSv=200,000μSv)以下の被曝では、急性の臨床的症状は認められないとされるが、こちらは長期的な影響について議論があり、また低線量の被曝についても「健康被害が生じた」として訴訟が起きている”
(Wikipedia調べ)

 そういえば、CTスキャンによる検査を1年に1回、人間ドックなんかで繰り返し30年ほど受けると、白血病だかリンパ腫がドカンと増えるとかなんとか・・・そんな論文、昔アリマシタ。今どうなったんでしたっけね。

 テレビ見ないんでダメなんですけど、ちょうど福島のDASH村なんかで線量観測の数値(2011年頃)が出ていて、つい調べてしまいました。当時の測定値が、おおよそ10~40(μSv/h)の間に入るくらい。
 現在の愛知県なんかで出している計測数値は、0.060(μSv/h)前後。汚染源である所の、福島第一原子力発電の付近の数値(現在)が、3~5(μSv/h)。同じ福島県の各地でも、その測定値は、0.2(μSv/h)に満たない所ばかり。
 当時は、桁が違ったんですね。
 それでも、即死する様な値ではなく、ただし、どっかその辺で調べた、自然の状態よりも高い。何とも微妙な測定値です。
 もちろん、定められた年間許容量というのもありますから、どういう浴び方をしても、ソレを超えてはならない。そういう所で作業するヒトはもとより、そこで暮らす人々も。

 その土地に行って遊んで帰って来たら、即死ぬって事は、全然ないんでしょうけど、その土地に暮らして、その土地で採れた諸々を飲み食いして・・・ってなると、実際やってみないと、安全なのか危険なのか、分からない。
 環境中にバラ播かれた放射性物質、半減期が30年くらいなのがセシウムとストロンチウムですか。ソレを目安に、30年待てという言い方がされている様です。はたして、それらは過度の心配なのか、やってて良かったなのか、30年くらいかかって様々な情報を元に、評価していくしかない。
 東電と政府の責任が重いって言われるのは、当然なんですね。

 正直、オリンピック関連で過度に不安をあおる様な情報を、韓国やソレ系のマスコミが流してたりしてますが、そこまでヒドイって事は、ないみたい。7年後なんて、もっと落ち付いてるんでしょうし?
 食品の汚染の状態を、ベクレル(Bq)なんかで表そうとしていますが、コレは、放射能の量を示すのに使いますが、そこから放出される放射線の種類がそれぞれ異なる事などから、強さ(生物への影響の程度)を示してはいない。なんぼの数値だからといって、実際に、それらを生き物に食わせでもしないと、どういう影響があるのかは、実は不明。そういう諸々、米だの茶だのに対して、暫定値なんかを作って、大騒ぎしたんですよね・・・。
 うがった言い方をするなら、セシウムの生物学的半減期は110日ほど。どの放射性物質も、そのまま、自然界に存在するのと、生体内に取り込まれるのとでは、半減期が極端に違う。野生動物が食い散らかし、雨が洗い流ししている間に、いつのまにか、かなりの放射性物質が自然に消滅するんじゃないか・・・なんて話もある。犠牲になるのが、人間じゃなければ良い訳で?
 難しい話です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR