学校飼育動物カルテ

 突然死した6週齢の子ウサギに関する、問い合わせ。
 →食餌や取り扱いに関する一般論を、説明。

 問題点。
1,飼育経験者としての“目”の不足。
 →状況が要領を得ないので、問い合わせへの回答も、一般論に留める。
  前提が“教材”なので、取り扱いや飼育技術のつたなさを責めるものではないが、
  危うい取り扱いをさせていたのは伝わってくるが、具体的な部分が不明。
  教員自身が、ソレを認識出来ていない。
2,診療時間外の電話相談。
 →専門家に対し、立場としての意見を求められた以上、相応の報酬はあってしかるべき。
  実際には、“食い逃げ”。本来、校医制度を導入し、報酬に関する約束事などを取り決めして、
  その範囲で対応すれば良いハズの出来事である。
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR