とりあえず


どんなかなあ?
 3日過ぎたので、テーピングの一部を外して、関節が動かせるようにしてみました。

 一晩くらいで、イマイチなら巻き直しです。


 こういう生き物と付き合う基本は、「最低限の世話だけしたら、放り出し」。

 頻繁にヒト(外敵)の姿を見せること自体がマイナスなので、傷のチェックや強制給餌(まだ、自分では食べない?)の時だけしか、患者を見たり、触れたり、しません。

 掃除なんかも、処置のどさくさに紛れて行います。


 以前のアオサギは食欲魔神、食べ物を見せびらかしたら、ニンゲンなんざお構いなしでしたが、今回の子は、年齢ステージ(巣立ち直後)こそ同じなようですが、意外に神経質だったりします。

 わんわんが、睨んでる時と同じ顔です(^^;

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR