いつかの拒食ガメ


わたらい先生の憂鬱-?年
 イベントがあったのが、2005年の2月19日(卵停滞)。

 その頃には拒食があって、術後、週二ペースで強制給餌。

 自力採食の再開が始まったのが、同年5月中頃・・・


 そのせいもあってか、甲板に感染が起き、美しい仕上がりには成らず。

 まあ・・・(度胸もなくて)2年も経って、エポキシ樹脂除去したほど(ーー;


 この種のカメの、術後の甲板の感染は、100%起きるとまで書いてる文献もあるので、ええっちゃええんですが・・・

 世間には、術後1ヶ月で、コレをとっちまえる、ものすごい技術を持った先生方が、複数居られる事を知る・・・


 がが~ん(!)ってなもんです(ーー;


 これも、金がもらえる家だったら、20~30万なんて、当たり前のカメでした。

 まあ・・・現在も、しぶとく生きて、居候ですね(ーー;


わたらい先生の憂鬱-当時

 覚醒時、酸素吸わせてる時に撮った写真(↑)・・・だったかな?

comment

管理者にだけ表示を許可する

1. すごーい!

死体の解剖かと思ったぁ~。
失礼しました。
プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR