うれしいような?うれしくないような?


わたらい先生の憂鬱-ニホンイシガメ


 朝早く、呼吸器の異常で目が覚め、新鮮な空気の所に行きたくて・・・昨日仕掛けた罠を見に、お出かけ。

 今日は本番・・・だったのですが、かかったのは、ニホンイシガメのみ13匹(その場で、即放流)。

 大漁だったのですが、肝心のミドリガメは、入りません。


 少しくらい侵入の始まってる外来種の駆除は、容易でなく、ある程度以上増えた場所では、焼け石に水・・・というのが、やってみた感想になりそうです。


 分かると思いますが、一夜で、大量に獲る事の出来る方法ですが、生息密度が上がってこないと、効果が出ない(^^;

 先日、罠を仕掛けた場所とも、入るカメが、まるで違うのも、ポイント。

 たぶん、半島最大の生息地です。


 かかっているカメに小さいのが多いのは、みんなオスだから。

 カメの発生は、外気温や日照の条件に依存して、卵が暖められた温度(その年の天候、卵の孵った時季)によって、雄雌の発生の比率が変わります。

 さらに、発生時期にエサが多い場所、少ない場所というのがあって、これによっても、生き残るカメに差が出る。

 つまり、オスがたくさん出る場所、メスが出る場所というのがあって、このカメは、陸地を移動して、㎞におよぶ移動をしていてもおかしくないのですが、そういう移動と拡散が、カメの数や、遺伝的均衡を保っている・・・そういう、かなり広い生活の場所を必要とする生き物です。

 本来は。


 近頃では、河川の改修、道路の舗装、林の消失、水田の環境の変化で、こうした移動が難しくなり、「その場所だけ」のカメが増えているのも、不安材料。


 ミドリガメ、捕まりませんでした。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR