ニホンイシガメ


2016-12-30 12.41.36

 見つけるたび、“これが最後の一匹なのでは?”という気がしてしまい、つい写真を撮ってしまいます。

 寒い中を元気に活動中の、ニホンイシガメのペアです。
 大きい方が雌です。
 当地に引っ越してきた10年前に比べて、めっきり遭遇頻度が減りました。

『フリップフラッパーズ』戦う魔法少女モノ。いや、魔法じゃないのか(^^;

2016-12-12 07.51.26
 12月12日(月)

 晴れ。

「無い。無い・・・!」

 パントマイムみたいに、院内をウロウロ・・・。
 今日は一人。助手休み。
 精神衛生もよろしいはずが、昨夕からブツブツと独り言を呟きながら、ヤク中のおっさんのように院内を徘徊・・・。

「どういうことだ!?どこにある?」

 何年ぶりかスッカリ忘れてしまうほど久しぶりに(たぶん7~8年ぶりだ)、助手のケータイに電話。

「帳簿だ。12月の帳簿が無い。何処に仕舞った!」

「・・・あ!あたし、持ち帰ってます!」

「なんだとう!今すぐ持ってこい!駄目ならせめて、帳簿に書いてある各項の金額を言え!」

「いま、家に居ないんですよ
 
「死ねぃ。死んでしまえぃ!」

「きっと明日数えたら、合ってますよ

「ふざけるなあ!」

 阿呆助手、来年の昇給は無し。
 絶対に無し!

more...

ヨシガモの群れを見つけました。

2016-12-07 08.33.50
 12月7日(水)

 晴れ。

「どうしたんですかあ。そのどっさりのお菓子」

「うむ。昨晩遅くにな、名古屋市の東山動物園で、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が出てしまった報道があったのでな・・・」

「・・・」

「引きこもる事にした」

「お菓子もらいますね

「駄目だぁ!手を伸ばすなあ!」

「いいじゃないですか。ひとつくらい・・・」

「去ね!」

「・・・」

「・・・」

 “そろそろ気にしよう”くらいのつもりで、ブログ記事なんか書いてみれば・・・感ってのは、働くモノなんですねえ。

more...

高病原性鳥インフルエンザ・・・やっぱ、そろそろ気にし出そう。

2016-12-03 11.11.11
 12月6日(火)

 晴れ。
 爆風。最大風速16メートル。
 死んでしまうよ、この寒さ。
 
 それでも、どうしようかと迷いつつ、従来治療で反応イマイチな皮膚病のわんこ達に、“試しに使ってみて”と、アポキル錠を処方。
 そうでもない子はさっさと止めて・・・なんか、結構良い感じにコントロール出来ちゃった家が、何件か。
 スッゴイ処方しにくい、高すぎ薬。

 柴犬1頭で、1日の薬代が、僕の毎日食べていたランチよりも高い。
 ジェネリックが出るのって、何年後ですか?

more...

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR