うーん。やっぱ、浦原喜助よりも涅マユリの方が共感出来るな・・・。

2015-09-30 15.06.16
 9月30日(水)

 晴れ。

「あ、まだ生きてるんですか、その子猫・・・」

「やかましい!少しは働け、オレは寝る」

「いつもと一緒じゃないですか!」

「こうやって、懐に箱ごと抱いて寝てると、暑すぎず寒すぎず、良い塩梅に保温できるのじゃ。次は3時間後に会おうzzz...」

「・・・」

 散々いじり倒して瀕死の子猫、この辺の土地の人は専門家の意見を聞いてもテキトーにアレンジしたがる、言われた通りをやれば良いものを・・・死にそうになって泣きつかれるのが獣医の仕事。死んだって暴利をとりますよ?
 3~4時間毎にミルク。寝て起きて起きて寝てzzz...。

more...

水質管理

2015-09-27 17.25.35

 遊泳困難と食欲廃絶の認められる、ブタバナガメ(スッポンモドキ)。

more...

『オーバーロード』 まさか、あの人が出てるとは・・・今回も笑わせてくれます(^^;

2015-09-18 14.26.26
 9月18日(金)

 雨のち晴れ。

 イヌcast1。

「なんだ、この大量の菓子は・・・」

「(もぐ)先生が、(もぐ)いつまで経っても買ってきてくれないので、(もぐ)自分用に買ってきました」

「ロッテは買うな」

「ええ~、なんでですかぁ」

「やかましい、御時世だ」

 雨後、サギだらけの水田を眺めながら・・・秋の訪れを感じる様になりました 。

more...

用語解説 捻転斜頸(Head tilt)

 小動物臨床の世界だけでなら、単純に“斜頸”、“前庭疾患”などでも通用します。

more...

『AIR』 うん・・・一人で見よう。

2015-09-13 14.45.26
 9月13日(日)

 晴れ。

 昨日より幾分マシ・・・に成るも、暇は変わらず。今日も助手休み。
 やっぱ、半年くらい暇をやろう・・・。

 頸部食道終点~胸部食道起始部にかけて、釣り針を二本飲んだわんこ来院。時々釣れる大物っていうのは、笑い話ではない。
 一本の時は、少しくらい難しい場所でも、割とチャンと抜く。二本以上の時は、難しい場所でなければ、ソレデモ抜く。胸部食道というのは、かなり難しい場所になるので・・・問題が大きくこじれない事を祈って放置というのは、まっとうな教科書にも書いてある処置の上での選択肢の一つ。
 意外に患者に対して負担が大きい上に、費用もかかる時とかからない時の差が大きく、未知数な要素が被さってくるので・・・イヌが普通にもう一頭買えるほどのイベントになる。安いイヌじゃなくて高いイヌって意味で。しかも、意外にも放置しているのに何も起きない患者が、結構現れる。
 悩みどころなので、飼い主にボールを放って、帰って来たモノで決めます。

more...

用語解説 ジアルジア症

 鞭毛虫類の中で、“キチンと説明しろ”という事を言われた時に、一番困るのは、この原虫かもしれません。
 特に鳥類に関しては、意外にも、情報がある様で無いのがこの寄生虫に関する記述です。

more...

用語解説 ヘキサミタ症

 コクロソマ同様、他の鞭毛虫類との混同がある原虫に、ヘキサミタがあります。

more...

野鳥カルテ

2015-09-10 12.08.522015-09-10 12.12.25

 脊椎損傷のあるチュウサギが保護された。前日の台風による事故と、考えられる。

more...

用語解説 Tracheal abscess、Tracheal granuloma、Peritracheal lesion

 鳥類と哺乳類の解剖学的な構造の違いから、同じ英語が同じ日本語に変換されない、その様な概念とは言えなくなるという事が起きます。

more...

用語解説 コクロソマ症

 いわゆる“Canker”、つまり、鳥類の口腔内に独特の病変を来す疾病(口周囲潰瘍)は、従来トリコモナス症と呼ばれ、その病原体はTrichomonas gallinaeであるという様な説明をされてきたのですが、情報の整理が進み、Trichomonas spp.が病因となる鳥種はハトや猛禽類であり、他の鳥種で“トリコモナス症”ないし“トリコモナス様原虫”と呼称されていたのは、同じく鞭毛虫類であっても、完全な別種による場合がある事が広く認知される様になりました。

more...

用語解説 Ornithosis

 日本語では、鳥類病、オルニトーシス、オルニトージスなどと記載されますが、オウム病の事です。

more...

ペニス脱出

2015-09-07 11.22.572015-09-07 11.30.01

 セマルハコガメ。

more...

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR