用語解説 impaction。塞栓。閉塞

 “そのう埋伏症”って、どんな病気でしょうか?(『オウムインコ類マニュアル』(学窓社)より)
 先に断っておくと、この訳語は不適切であり、何ら実用性を持たない、誤訳・迷訳の一つです。
 どうやら、この疾病の元々の記載は、“crop impaction(そのうの-)”であったらしい事が分かりました。
 同種の記載、何らかの関連があると思しき疾病には、proventricular impaction(前胃の-)、sour crop(酸敗そのう)、PDD(Proventricular Dilatation Disease:前胃拡張症)という表記・項目が上がってまいります。

more...

用語解説 そのう炎、そのう熱傷、酸敗そのう

crop burns(そのう熱傷)
sour crop(酸敗そのう)
そのう炎(そのうカタル)・・・?

 よく使っていた用語であるにもかかわらず、”そのう炎”に該当する英単語が、無い。例の如く、鳥類医学の常識がひっくり返る様なお話ばかりで・・・英語文献(海外情報との照合)とは面白い。

more...

用語解説(誤用の用例)

  
 最近では、あまり言う人も無くなってきたけれど、セキセイインコの換羽を”トヤ”と言う人達が居ました。このトヤとは、日本の鷹狩りの世界で使う言葉で、鳥屋、塒などと書いて”とや”と読ませます。実際の鷹の世界では、猟期が終わった鷹の足革を切って鷹部屋に放し飼いにしておく事を、”塒入り”と言ったので、ソレは体重を増やして、次の猟期までに傷んだ羽根を新しい羽根に生え替わらす換羽を促す行為でもあった事から、転じてトヤ=換羽と成ったらしい。巷間によく使われていた、誤用です。年がら年中、羽毛が生え替わっていてもおかしくないセキセイインコに使う様に成ってしまうと、本来の使用方法との間にニュアンスの違いが生じます。

more...

野鳥カルテ

2014-05-11 15.54.37

more...

用語解説 インコ・オウム類

  “コンゴウインコ(Ara spp.)”という記載を見つけたとして、この訳は正しいのでしょうか?
 “不正確”というのが、正しい評価です。
 

more...

放野


2014-05-06 14.44.462014-05-06 14.45.07

 扉を開けて・・・あとは、勝手に居なくなるだけ。

脱力(麻酔の話)

a clear plastic facemask (Jorgensen Laboratories)
a modified Mapleson breathing system (D) (Paediatric Anaesthetic Breathing System; Intersurgical)
an isoflurane vaporiser (Ohmeda Isotec 3; Datex-Ohmeda)
 

more...

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR