小康状態


わたらい先生の憂鬱-翼を引きずっている


 このために帰って来たわけですが、生存だけならしてしまうんでしょうか?

 翼は難しい。

悲しきかな


わたらい先生の憂鬱-どうなることか・・・
 ついつい、傷病鳥を持ち込まれた時に思うのは、県職員の方も「治るのでは?」と思って持ってきてくれる一方で、骨が折れたトリというのは、野生下では「終わった」トリでもある・・・「ダメで元々、やってみます」としか、言えない。


 「その辺、捨ててきますか?」という事も、聞かれる。

 実質、その程度の価値しかないのである。

(生き残れば、動物園も引き取らない、厄介者)


 「そうですね、捨てちゃいましょうか」なんて事は、決して言わない。

 そういう事に慣れてしまうと、助かるモノが助からなくなるから。

 また、先方も、やっかいが増えれば、持ち込みをためらうようになるだろうから、あまり要求を増やしたり、キツイ事は言わん様にしようと、余計な心配もしている。


 開放骨折のトリさんは、血抜きも済んで、スカスカ。

 ゲッソリと、水分が失われているのが分かります。

 とりあえず、やる事は、補液の鬼。

 輸血までやる気は、あまり無いけど、代用血液は、面白そう。

 あ・・・コレも、個人輸入しないとペケだ。


 誰か、僕の代わりに書類用意してください(T~T)


 

銃傷


わたらい先生の憂鬱-銃傷
 県からの依頼で、ミサゴを預かりました。

 「まさか、そんな事はないだろう」と言って預かったのですが、レントゲンを撮って、驚いてしまいました。

 今年も、銃で撃たれた猛禽が持ち込まれました。



わたらい先生の憂鬱-途中
 体外に飛び出して、管腔状の構造の消失した骨片なぞ、使い物になりませんので、とう骨の一部を廃棄、尺骨のみで勝負してみる事にしました。


わたらい先生の憂鬱-終了
 見かけこそ、ソレナリに誤魔化してありますが、翼膜に、硬結があり、銃弾は(腫れているとソンナモンなんですが)、あるのが分かるのに摘出できず。

 生き残っても、ろくに飛べない可能性が、高い。

 あまり飼いやすい種類と呼べないし、魚食性なので、飼育には一考の余地があります。


 ・・・ビニールハウス、催促して作りに来させるんだった!

ため糞


わたらい先生の憂鬱-キジ出た わたらい先生の憂鬱-キジじゃなかった


 キジを探していて、見つけました。

 この何年か、轢死体を見ていませんが、しっかり生息しているようです。

プロフィール

わたらい先生

Author:わたらい先生
ま、いいじゃないか(^^;

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR